住宅購入のベストタイミングは

住宅購入のベストタイミングは

マンションや戸建住宅は自分や家族の状況を考えてベストなタイミングで購入する事が大切になります。

 

収入的に安定してきてゆとりがあれば住宅ローンも借り入れができますのでマイホームの夢も実現できます。

 

しかしマンションや戸建住宅を購入するには少なくとも30%ぐらいの頭金や購入するときに仲介してもらった不動産会社への手数料や司法書士に支払う手数料や所有権を登記するための印紙税や固定資産税も必要になります。

 

 

 

もし中古物件を購入してリフォームするとしたらリフォーム工事の支払いや家具の超樽や引越し費用も必要になります。

 

住宅を購入するには相当な費用がかかりますので住宅ローンで調達する資金以外にも結構な金額を貯蓄してある必要があります。

 

しかも住宅ローンという借金を抱えたら20年〜30年もの長い間にわたって借金の元利金の支払いが毎月あります。

 

もしもローンの返済が滞ることになればせっかく手に入れた住宅も手放さなくてはならなくなることもあります。

 

 

 

また、長い人生の間には何らかの事情で別の場所に移転しなくてはならない事情も出て来ますが、住宅を購入していますと簡単に移転ができにくいことになります。

 

子供が増えることもありますし年老いた親の介護が必要になって部屋数の多い家に移転しなくてはならない時も出てくるかもしれません。

 

住宅を買うのを躊躇していて年齢が嵩んできますと銀行などの住宅ローンも返済期間が短くなって月々の返済が厳しくもなります。

 

 

 

上記のようにマイホームを購入するタイミングは自分たちの人生プランと照らしてベストなタイミングで口入することが大切です。