区分所有権

区分所有権

中古マンション、新築マンション、分譲マンション、あるいはオフィスビルなどのような集合住宅には、区分所有権という権利があります。上記のようなビル内のなかで各部屋、各店舗、各事務所など、それぞれの独立した部分を区分所有権といっています。

 

 

 

この区分所有権は、一般では購入者が利用できる「専有部分」と言われています。いっぽう、玄関、玄関ロビー、エレベーター、廊下、階段などの誰でも共通して使う部分を「共有部分」と呼んでいます。

 

 

 

不動産会社の広告などでも専用部分のほかに、共有部分についての説明がよく掲載されています。たとえば集合住宅においては、専有部分の所有権のほかに共用部分についても、全専有面積に対する区分所有者の専有面積の割合を出して、その部分も持分であることが掲載されています。

 

 

 

また、敷地も例外ではありません。マンション購入者は、「専有部分」である区分所有権と「共用部分」である共有持分権、そして共有敷地権の3つの権利を持つことになります。