売買契約

売買契約

土地、建物にかかわらず、すべての不動産の取引には「売買契約」をする必要があります。たとえば、土地、建物の所有権、あるいは借地権を売主が、買主へ移転することを約束します。

 

 

 

そして、買主が購入代金を支払うことで売買契約が成立します。売買契約は、口約束でされる場合もありますが、言った言わないといったトラブルもあるため、宅地建物取引業者や第三者を通して書面で契約書を作成するのがいいでしょう。

 

 

 

売買契約が成立すると、売主は土地や建物を引き渡す準備をします。また、買主も不動産登記など購入に必要な書類を作成して、不動産の権利の所在を明らかにします。

 

 

 

また、買主は代金の支払義務を負うために代金を支払ったりします。一般的に不動産取引において契約前には、重要事項説明書というものがあり、書面について説明をしてもらえます。トラブルを避けるためにも、重要事項説明書の内容を熟知し不明点があれば、先方へ確認して納得いくまで説明を受けるようにしましょう。