再売買の予約とは?

再売買の予約とは?

対象の不動産を買主が予約した場合、売主はその買主に対して
再売買の意思表示をすれば、買主の承諾のあるなし関係なく、
売買を成立できる予約完結権を持つことができることを
再売買の予約と呼んでいます。

 

 

 

これは売買した不動産などの物件を、逆方向で売買の予約をする
方法であり、買戻し特約などと性質は似ていますが、
再度売買する時期の期間や金額などの規定が無いので、
最終的には売主と買主の当事者間で決められることが
殆どのようです。

 

 

 

買戻し特約のような所有権の移転などの付記登記は不可のため、
仮登記を行う必要があると言えます。

 

 

 

買戻しなどを検討している人は、このような再売買の予約という
ことも知っておくと、損は無いと思います。