申込時と賃貸契約時に必要なもの

申込時と賃貸契約時に必要なもの

希望するマンションが決まって賃貸申込書を提出しますと次には貸主側の審査に必要な情報提供が必要になります。

 

借りる方の生年月日や職業、年収、家族構成などの必要な情報を提供と次の書類を提出する必要があります。
*収入を証明する書類「源泉徴収票又は確定申告書の写し」
住民税課税証明書か給与明細票でも良い。
*勤務先を証明する書類「社員証、在籍証明書、健康保険証などのいずれか」
*契約者本人を証明できる書類「運転免許証又は健康保険証、パスポートのいずれかのコピー・」
*保証人に関する情報「氏名、住所、生年月日、電話番号、勤務先名、勤務先住所、勤務先電話番号、年収金額」

 

 

 

保証人が必要なときには保証人にも同じような情報を提出して貰う必要が出て来ますので、マンションが決まったら早めに保証人にお願いして承諾をもらっておく必要があります。

 

上記の貸主による審査が終わって賃貸する旨の承認が得られましたら、次には賃貸契約の取り交わしになります。

 

 

 

賃貸契約は仲介不動産会社の事務所などで売主側の方と借り主に加えて仲介不動産会社の取り扱い主任者が加わって契約が取り交わされます。

 

もし貸主側が仲介不動産会社に対して委任状を出していれば仲介不動産会社が貸主に変わって契約を行うことも出来ます。

 

 

 

契約に必要な物は次のようになります。
1, 実印、印鑑証明書、住民票
2, 保証人印鑑証明書「事前に賃貸契約書に実印で署名捺印してもらいます。」
3, 現金「敷金や保証金、前家賃として賃貸料の一ヶ月分、仲介手数料、印紙代」