入居申込書と賃貸契約書

入居申込書と賃貸契約書

不動産会社にお願いして何件も物件を見て回った結果で自分たちが希望する地域でマンションや戸建住宅が決まったとします。

 

希望する物件が決まりましたら早速しなくてはならないこととして、急いで「賃貸申込書」を仲介の不動産会社を通じて所有者に提出する必要があります。

 

 

 

良い物件ほど借りたい申込者が複数に重なることが有りますので、所有者に対して早く意思表示をする必要が有るのです。

 

物件の所有者にとっては大切な物件を貸す相手が安心できる人に貸したいのですから、この賃貸申込書に基づいて所有者側で誰に貸すか審査をします。

 

無事に審査のOKが出ましたら、つぎに仲介の不動産会社通じて関係者の日程調整を行って「賃貸契約書」を結びます。

 

 

 

仲介してくれた不動産会社から事前に説明がありますが知識として賃貸契約に対する準備が必要なものと賃貸契約の流れについて記します。

 

賃貸契約書の書面は不動産会社で準備してくれて署名捺印する部分以外の物件の詳細などについては記入してくれます。

 

賃貸契約書は買主と借り主に加えて仲介の不動産会社の取扱主任者資格のある人が立会人として署名捺印して、それぞれが各1通を所持します。

 

 

 

契約日には基本的に不動産会社の事務所などで貸主と借主および不動産会社の主任者資格者が一同に介して集まります。

 

当日のための準備品としては借り主の印鑑証明書、並びに頭金に必要な資金、仲介料などが必要になります。

 

また、保証人が必要な場合には事前に保証人に契約書に署名捺印したうえで印鑑証明書も必要になります。