不動産所得税

不動産所得税

不動産取得税とは、土地を購入したり住宅を新築したり購入した場合にかかる地方税をいいます。また不動産を取得したときだけにとどまらず増改築した場合、あるいは相続、贈与、交換などで取得した場合でも税金がかかってきます。

 

 

 

不動産取得税の計算方法は、実際の不動産価格ではなく固定資産税評価額に基づいて計算されます。基本的に不動産取得税の金額は、取得した不動産の課税標準額×3パーセントで算出されます。

 

 

 

しかし、例外もみられます。たとえば、土地価格が10万円未満であったり、新築、増改築費用が23万円未満の場合にかぎり、不動産取得税はかからないことになっています。

 

 

 

また居住用住宅の場合には、床面積が50平方メートル〜240平方メートル以下の場合にかぎり1200万円の控除が認められ、一定の減額措置を受けることが可能です。不動産を購入したさいの必要経費ですが、取得時だけの一時的なものです。しかし、出費には間違いないので諸費用として準備をしておきましょう。