健康住宅

健康住宅

アスベストなど健康のためによくない成分が、建物を建築するさいに使用されていたことが一時、話題になっていました。健康住宅とは、そのような有害とされる化学物質や薬剤の使用をひかえる住宅を指し、健康住宅と呼ばれるようになりました。

 

 

 

健康住宅によりシックハウス症候群が減り、人間の体に害を与えない、健康に住める住宅が実現されてきています。このようにさまざまな改善が施されている住宅が増えているのが現状です。

 

名古屋市 リフォーム

 

シックハウス症候群にみられる物質では、ホルムアルデヒド、トルエンやキシレンなど有害物質がありますが、このような建材を使用しないことを謳い文句に、業者も売上げに貢献しようという意図もみえています。

 

 

 

これからの住宅は、いかにシックハウス症候群対策を施している建築物であるかどうかで、販売が伸びるかどうかがかかってくるでしょう。住宅購入者の健康を考えた、人にやさしい住宅を作ることが課題となるでしょう。