所有権移転登記の流れ

所有権移転登記の流れ

自分たちが購入したいマンションや戸建住宅が決まりますと、初めに仲介の不動産会社を通じて「購入申込書」を所有者に対して提出して購入の意思表示をします。

 

価格や引き渡し時期などの条件交渉も仲介不動産会社を通じて売主との間で決まりましたら売買契約書の締結を行います。

 

 

 

この売買契約書の締結時には物件についての重要事項の説明が仲介不動産会社の宅地建物取引主任者から説明がありますので、この説明に納得したら売買契約書に署名捺印して手付金の支払いをもって契約は成立します。

 

このあとは売主側と買主の都合の良い時に司法書士のもとで所有権の移転手続きを行って、同時に物件の引き渡しをしてもらいます。

 

所有権移転登記とは物件の売買を行った事実を法務省に届け出ることで第三者に対向するための民法177条に定められている要件なのです。

 

 

 

つまり購入した物件に対して第三者が「自分の物だ」と主張されても所有権の移転登記がなされていることで第三者の言い分を退けることができるのです。

 

また、銀行ローンを利用するときには銀行側から物件に対して抵当権登記をすることが条件になりますので所有権の移転登記は必ず必要な手続きになります。

 

 

 

所有権の移転登記は自分でも法務省で必要書類を提出すればできる手続きですが、不動産の売買では売主や銀行ローンなどの権利関係が有りますので司法書士という登記に関する資格者のもとで行うことが何らかの事故を防ぐ意味でも関係者皆が納得できる方法になります。

 

司法書士のもとで行う所有権移転登記に必要な書類には「登記原因証明情報」「登記済権利証または登記識別情報」「買主の住民票」「売主の印鑑証明書」「双方の委任状」「固定資産税の評価証明書」・・が通常の取引では必要になります。

 

これに加えて「司法書士報酬金額」と「仲介手数料の残金」「登録免許税」の用意が必要になります。