住宅金融支援!

住宅金融支援

独立行政法人住宅金融支援機構は、以前には旧住宅金融公庫とよばれていました。住宅金融公庫のほうが聞き覚えのある人も多いでしょう。

 

 

 

この独立行政法人住宅金融支援機構は、2007年4月から住宅金融公庫の業務を継承して創設されました。公的融資制度から民間融資制度に変わったことが一番の特徴と言えるでしょう。

 

 

 

この機構では、住宅ローン証券化や民間住宅ローンの融資保険業務などを執り行っています。そのほか住宅情報関連の提供サービスなども行っています。そして、一番のおもな業務は、民間金融機関と提携することで長期・固定金利住宅ローンの供給を支援していることです。

 

 

 

現在、住宅金融支援機構では、住宅金融公庫から引き継いだ個人向け融資について、経過措置を経たものを除いて廃止の方向にむけて動いています。今後、個人向けの融資はできなくなります。

 

 

 

そのため住宅ローンは、民間銀行やモーゲージバンク(住宅ローン専門会社()が担っていくことになります。