耐震構造

耐震構造

耐震構造は、1995年に起こった阪神・淡路大震災を教訓に、高度な耐震性能を備えるために建築設計基準が見直されることになりました。地震がおきてもその揺れに耐えるように考慮して設計された構造を耐震構造といいます。

 

 

 

幸いなことに日本のマンションは、建築基準法を基準に建築されているために、すべての建物が耐震構造になっています。そのため、震度6〜7強までの地震に耐えうる構造になっています。

 

 

 

阪神・淡路大震災クラスの地震がきても倒壊しないようになっているので安心です。しかし、倒壊するまでもなく、耐震構造であっても、さまざまな箇所にひび割れができたり、揺れによる室内の被害などは免れないという危険性はあります。

 

 

 

現在の耐震構造は、1981年に建築基準法が大幅に改正されて以降のものです。そのため、それ以前に建築されたマンションでは、震度6〜7強の揺れには対応されないといわれています。そのため、マンションを選ぶ際には1981年以降の物件を選ぶといいともいわれています。