建築確認申請

建築確認申請

建築確認申請とは、これから建てようとする建築に関する計画が、建築基準法に違反していないか、民間である指定確認検査機関、建築主事などに確認してもらうための申請をいいます。

 

 

 

建物を建築する場合に必ずあらかじめ確認しておくことがあります。それは、建物の敷地や敷地面積、構造、設備、用途などが建築基準法に違反していないかを確認します。また消防法などの法令に違反しているかなどについても確認します。

 

 

 

建築確認申請をするにあたり、建築主事や民間の指定確認検査機関に建築確認の申請を行います。通常、この建築確認をすることで建築確認通知書の交付がなされることになります。

 

 

 

この書面が交付されて、はじめて建築が許可されます。なお、建築確認申請は、新築の建設以外にも増改築や移転など、或いは用途の変更などにも必要となりますので注意が必要です。新築工事含めて上記のような一定規模以上の建築を行う場合には、建築確認申請が必要であり、許可が下りなければ、工事を着工することができないことになっていますので注意しましょう。