契約不履行になった場合

契約不履行になった場合

家族皆の夢であったマイホームを購入しようとして契約したのだが、契約の内容を自分たちの理由で守れなくなった場合には契約書に記載されている罰則規定に従ってのペナルティーを支払わなくてはならなくなります。

 

このような契約不履行に対するペナルティーは売主にも買主にも課せられる罰則規定になります。

 

 

 

一般の住宅などの売買契約では、買主側の契約不履行に対するペナルティーは契約手付金の放棄の場合と、別に違約金などの請求を受ける可能性があります。

 

一般的には違約金の金額は売買金額の10%〜20%ぐらいになることが過去の例からみて多いようです。

 

 

 

売買契約の不履行には「買主の事情が変わって購入できなくなった」や「契約上の手付金などの資金調達ができなくなった」「当てにしていた銀行ローンが借りれなくなった」・・・などの例が有りますが、大きなペナルティーを払わなくては成りませんので、売買契約をする前にしっかりと判断していなくては成りません。

 

 

 

銀行ローンについても売買契約をする前に事前に銀行からの審査でOKを取り付けておく必要があります。

 

マイホームを購入するには購入資金以外に仲介手数料や司法書士手数料、登録免許税、リフォーム代金や家具の調達費、引っ越し費用、様々な費用が掛かりますので、売買契約する前に全ての費用について仲介の不動産会社にも聞きながら計算して資金準備ができるかどうかを判断しなくてはなりません。

 

マイホームを購入するために銀行ローンを借りれば今後20〜30年もの長い期間に渡ってローンの元利金も毎月支払う必要がありますので売買契約前に将来計画をしっかり組み立てておくことが大切です。