住宅を購入する為の購入申込み

住宅を購入する為の購入申込み

希望するマイホームが決まりますと初めに仲介の不動産会社を通じて購入の意思表示を物件所有者に対して書面で提出します。

 

良い物件の場合は他にも買い取り希望が入っている可能性はありますので「購入申込書」で意思表示は早めに出しておくべきでしょう。

 

この時に不動産会社に依頼して購入希望額を提示しておくことで多少の金額面での値引きの期待も持てます。

 

 

 

仲介の不動産会社は売主と買主の間に立って両者の希望金額の調整交渉を行います。

 

通常の購入申込書には購入希望価格、代金の決済方法、住宅ローン使用の有無などを記入して署名捺印したものを仲介不動産会社から所有者に提出してもらいます。

 

中古物件の場合には意思表示する前に充分に物件に対する現場調査を行ってリフォームに必要な概算だけでも掴んでおくことが大切です。

 

 

 

できればリフォーム工事に詳しい専門家に事前に見てもらって問題点がないか、リフォームに必要な金額の概算と工事に要する期間についての意見をもらっておくことをお勧めします。

 

購入の意思表示をして金額面での相互の納得が得られて、売主側の承諾が得られましたら、次には売買契約書の締結が行われます。

 

 

 

一般的には仲介の不動産会社の事務所などで売買契約書を取り交わすのですが、売買契約書の作成は不動産会社が作って用意してくれます。

 

売買契約には実印、手付金、印紙代、仲介手数料の半金、運転免許証などの本人を証明できるもの・・・が必要になります。