特定物件とは

特定物件とは

特定物件とは、事故物件とにていますが、住宅供給公社、都市機構などで特別募集住宅として一般に2、3年間、本来の家賃の半額ほどでその物件を借り入れることができます。
 

 

事故、事件の内容なども知ることができるので、納得してその部屋に入ることができます。都営住宅、県営住宅などはもともと家賃などが安くでしられていますが、その上でより家賃を抑える事が出来る為に、お金をセーブしたい方、経済的に余裕がない方などが競ってこうした物件を探しているようです。
 

 

またそれらの物件は、いまはインターネットで住宅供給公社、都市機構のサイトからいつも検索できるようになっているし、案件のアップデートなどもされているので、興味がある人ならだれでも探すことができるようになっています。こうした告知がされてからすぐに応募したり、問い合わせたりする事が必要なのは、これらの物件が先着順で取引がすすめられていくからです。
日本経済と住宅事情

 

事故物件の場合は、実際には内装なども取り替えられてキレイになっていることが多いですので、考えようによっては好条件でその物件に住むことができる、しかも価格が安いですからかなりお得ですし、節約派の方で住まいに関して鷹揚に考えることができる方にはよい選択肢となるでしょう。
 

 

とくに実質的なデメリットはなく、最近では賃貸住宅に住んでいる人も出入りが激しいですので、事件、事故があった部屋でもそのことを知らない近所の人も多くなりますからあまり評判についても気にする必要はないのかもしれません。