不動産契約失敗しない為に!

一般媒介契約って何?

不動産の売主が、買主を探す際に、個人で売主を見つけるのは
大変な労力であり、なかなか見つからないケースが殆どのようです。

 

賃貸の場合も同じですよね。
例えば堺市 賃貸で賃貸を貸したい家主は不動産を経由して
入居者を募集しますよね。

 

そのような場合に、迅速に買主を見つけるシステムがあります。

 

これを一般媒介契約と呼んでおり、これは媒介契約の一種であり、
複数の不動産業者や仲介業者などに、買い主を見つけてもらう
システムなのです。

 

このシステムの場合には、仮に自分自身で買主を見つけた場合でも
の見つけた買主と個人間で契約が可能です。

 

ただ専任媒介契約などど比べると、複数の業者に頼んでいるというのが
わかっているので、依頼した不動産の買主を見つける営業活動などに
あまり積極的ではない傾向にあるようです。

 

迅速に不動産の売買をしたいのであれば、専任媒介契約のほうが
良いと思います。

 

販売価格

販売価格とは、マンションや戸建てなどの不動産チラシや広告などに見られる分譲物件の価格のことをいいます。不動産会社や業者などの売主が、土地や建築費にかかったコストや経費、販売利益をもとに割り出された金額です。

 

また、その時代にあった市場価格を考慮したり、近隣周辺の環境など総合的に判断して決められています。新築分譲物件では、販売価格に関しての交渉には基本的には応じていません。

 

購入者も少しでも安く購入したいので、交渉を申し出る人もいるようです。しかし、すでに購入した人に価格を下げることで損害をも与えかねないことから、通常は値下げはしないことになっています。

 

ただし、マンションの間取りや日当たりのよしあし、低層階、上層階などで販売価格が上下されるという場合はあります。そのため、販売価格を最低価格から最高価格まで掲載した広告も見られます。土地の場合も同じように区画された場所により販売価格に違いがあります。